スポンサーリンク

TikTokはなぜ流行った?なかでも中国で絶大的に人気なワケ

TikTokはなぜ流行った?なかでも中国で絶大的に人気なワケ 書評

皆さんは、TikTokというアプリを使ったことはありますか?

 

TikTokとは
15秒~1分程度のショートムービーを投稿できるSNS。短尺動画プラットフォーム。

 

名前は聞いたことがあっても、多くの人が「若者しか使わないSNS」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、このTikTokが、発祥の地である中国で爆発的な流行を見せているです!

それも中国では、決して若者だけのものではなく、老若男女が動画に釘付け

 

その人気な理由は、一体なぜなのでしょうか。

今回は、「TikTok 最強のSNSは中国から生まれる」という本を参考に、解説していきます!


中国の「動画の国」化

スマートフォンの普及とともに、中国社会を一変させた2つの革命があります。

2つの革命
  • キャッシュレス革命
  • 動画革命

 

中国では、多くの人が空き時間に短尺の動画を見て過ごしています。

これは特定の地方や都市だけでの現象ではありません。

中国全土が「動画の国」と化しているのです。

 

すべてが動画化!?

TikTokは中国のメディア企業であるバイトダンス社が運営する、15~60秒のショートムービーを投稿・閲覧できるSNSとなっています。

日本では、まだ「若者だけが使っているSNS」というイメージが強いですよね。

 

しかしTikTokは、FacebookやTwitter、Instagramなどを超えて世界最強のSNSとなる可能性を持つサービスなのです。

 

 

いま世界的に、テキストから画像・動画へとシフトする流れがあります。

世界的な流れ
テキスト⇒画像⇒動画

 

このように、人々はより情報量の多いコンテンツを求めています。

そして、すべてのサービスが動画化していく流れがすでに発生しているのです。

 

テキストと動画の比較
持ち運びの点
テキストは持ち運びやすさにおいて動画よりも優位性を保っていた。
しかし、スマートフォンの普及により、それも崩れた。
知りたいところを知れる
「時間のコントロール権がユーザーにあること」も挙げられていたが、これも動画の編集技術の高まりや倍速再生機能の充実などにより解消されつつある。

 

このように、動画がテキストの強みを奪っているのです。

 

中国では、すでに動画がテキスト優位だった分野に侵食しています。

面白い暇つぶしの動画だけでなく、

 

  • 学習
  • 商品レビュー
  • 情報収集

 

このようなジャンルも、中国では当たり前のように動画が利用されています。

 

「検索型」から「レコメンド型」へ

TikTokの最大の特徴は、「レコメンド機能」です。

 

レコメンド機能とは
ユーザーの好みにあったコンテンツや関連コンテンツなどをおすすめしてくれる仕組み

 

つまり、ユーザーは、自分で見たい動画を探す必要すらありません。

検索する必要もないのです。

 

それは、何もしなくとも、コンテンツが次々と表示される現状だから。

これはバイトダンス社が誇る、強力な機械学習技術があるからできることなのです。

 

機械学習機能のすごさ
視聴者ごとに最適化された動画がレコメンドされ、ユーザーがTikTokを使えば使うほど精度が高まる。

 

TikTokは検索よりもレコメンドに振り切った珍しいサービスなのです。

業界全体でも、「検索」から「レコメンド」へと変化する動きが起きてます。

 

TikTokのレコメンド機能

TikTokのレコメンドのシステムは、

「クリエイターのフォロワー数によらず、優良なコンテンツを評価し、適切なユーザーに届ける」

 

という理念で設計されています。

 

そのためフォロワーがまったくいないクリエイターにも、注目されるチャンスがあります!

これは、フォロワー数が絶対的な意味を持つ他のSNSとは大きく異なりますね。

 

日本と中国の芸能業界の違い

ショートムービーはインフルエンサーとの相性がよいです。

そのため、ショートムービーが社会に浸透した中国では、インフルエンサーの影響力が増しています。

 

インフルエンサーに求められること
  • ポジショニング
  • ユニークネス
  • 複数のプラットフォームを活用

 

ちなみに中国ではインフルエンサーは、チームを組んでいることがほとんど。

 

なぜ日本ではインフルエンサー・マーケティングが中国ほど普及していないのでしょうか。

その背景には芸能界の業界構造の違いがあります。

日本の芸能界
日本では芸能人は事務所に所属しており、肖像権などは事務所が所有している。
そのため、事務所を通さずに個人で仕事を受けることはきわめて難しい。

 

中国の芸能界
肖像権などの権利を芸能人本人が所有している。事務所や広告会社が個々の芸能人に及ぼす拘束力が弱く、芸能人は自己判断でプラットフォームに参入できる

 

インフルエンサーがプラットフォームに参入するたびにユーザーが増え、その結果プラットフォームも成長する。

 

日本ではこうした現象が起きづらい構造になっていますが、日本版TikTokでもECとライブ配信が解禁され、TikTok発のスターが誕生すれば、業界の構造が変化するかもしれませんね。



まとめ

中国では、すでにテキストより動画の需要が高まっているため、TikTokが絶大的な人気になっていることが分かりました。

 

別の記事では、TikTokを

  • Youtube
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

 

これらのSNSと比較したときの特徴を書いています。

良かったらそちらも合わせてご覧ください。

TikTokの人気の秘訣はなにか。各SNSと比較してみた。
...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました