スポンサーリンク

QRコードの名前の由来は?開発されるまでの歴史を解説!

QRコードの名前の由来は?開発されるまでの歴史を解説! 書評

近年は、現金払いよりもキャッシュレスレスでの支払いが一般化しつつありますよね。

クレジットカードでの支払いができない場所でも、

  • PayPay
  • Line Pay
  • au Pay

 

など、QRコードを使用したサービスを用い、スマホで支払いができるところが増えていいます。

 

今となれば、当たり前のように生活のあらゆる場面でQRコードを目にするようになっていますが、QRコードは昔から存在したわけではありません。

では、QRコードが開発されるまでには、どのような歴史があったのでしょうか。

 

今回は、「QRコードの奇跡―モノづくり集団の発想転換が革新を生んだ」

という本を参考に、解説していきます!


QRコードの歴史

QRコードの原点は?

すべての始まりは、デンソーがトヨタに部品を納入していた関係で、トヨタの生産方式である「かんばん」を導入したことにあります。

 

かんばんとは
何をどこから仕入れ、どこに置いておくかをわかるようにした標識のようなもので、「必要な時に必要なものを必要な量だけ」生産することを目的としている。

 

以下が、「かんばん」です。

出典:コンサルソーシング株式会社

 

しかし「かんばん」は、多頻度納品による検品や伝票の起票作業などで、時間と人手がかかってしまうという課題が生じていました。

 

そこで、「かんばん」をコンピュータで読めるようにすれば、製品のチェックと伝票の自動作成を行えるようになると考えたのです!

 

「かんばん」での苦戦

しかし、そう単純にはいきません。

自動車部品工場の現場は油汚れが多く、ひどい状態の「かんばん」でも読み取れるようにしなくてはならなかったのです。

 

しかも「かんばん」に含まれる製品の情報を収納するために、少なくとも60桁以上のデータを格納する必要があったのです。

それを満たす既製品のバーコードとそのリーダーは、当時の市場にはまだありません。

 

そこでデンソーは取引のあった神崎製紙の自動写植機をもとに「NDコード」を開発しました。

 

NDコードとは
印刷にも強く、当時普及していたものより読み取り性能が高く、安価なバーコードリーダー。

 

二次元コードの誕生

1980年代に入り、「モノ不足」の時代から「モノ余り」の時代に突入したことで、自動車にも多様性が求められるようになりました。

 

部品工場でも多種多様なものを管理する必要に迫られ、NDコードの「かんばん」に限界が見られはじめます。

 

その理由は、NDコードのような一次元シンボルでは、取り扱える情報量が少ないためです。

そこで、アメリカで盛んに開発されていた二次元コードを独自にアレンジし、新しいコードの開発に着手することになりました。

 

そこからは、より大容量の情報を短時間で簡単に、ミスなく処理できるようにする挑戦の始まりとなります。

 

マトリックス型の採用

新しい二次元コードには、厳しい条件がありました。

二次元コードの条件
  • 少なくとも200桁以上の情報を表示
  • ワンタッチで油などの汚れにも強い
  • 伝票処理に必要な情報を盛り込める

 

といった条件が求められました。

 

そこで当時主流であった二次元コードのうち、コード内に正方形あるいは点を格子状に配置し、より多くの情報を格納できる、マトリックス型を採用することにしたのです。

 

 

既存の二次元コードは、

  • 大容量の情報格納
  • サイズ設定の柔軟性
  • 高速読み取り機能

これらの、どれかを実現する設計となっていました。

 

新しく開発するコードでは、すべての使用場面に通用する二次元コードの決定版、世界標準をめざしました。

こうして各国の文字コードを効率よくコード化する機能や、汚れても読み取れる機能の搭載が要件に組み込まれていったのです。

 

「QRコード」の名前の由来

QRコードの名前の由来は、早く読める(Quick Response)コードという意味合いで「QRコード」と名付けられたのは、1994年8月のこと。

 

それから国際規格として標準化されるにあたり、数字にして7000キャラクタの格納が可能であり、1秒間に30シンボルの読み取りができる、最も効率の良い二次元コードが誕生しました。



まとめ

今、私たちが当たり前のように使っているQRコードは、様々な試行錯誤が繰り返されて、開発されたものであることが分かりました。

 

今やQRをかざすだけで支払いができるなんて、時代の進歩は凄いですね。

 

今回は、QRコードが誕生するまでの歴史を振り返りました。

以下の記事では、進化し続けているQRコードの変化について解説していますので、良かったらそちらも合わせてご覧ください。

QRコードのデザインをアレンジ!?QRコードの進化・普及の流れ
...

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました