スポンサーリンク

MOS検定とは?【独学向け】おすすめの勉強法、テキストを解説!

MOS検定とは?【独学向け】おすすめの勉強法、テキストを解説! キャリア

現代は、仕事でパソコンを使う作業が増えており、パソコンスキルの需要が高まっています。ですが、パソコンのスキルってあまり詳しく教えてもらえませんよね?
そのため、ちょっとした作業をするだけでも機能を知らないので時間がかかってしまいます。

このようにパソコンを扱う人におすすめなのがMOS検定です!

ではこの資格はどのような内容なのでしょうか。おすすめのテキストや勉強法なども紹介していきます!

 

MOS検定とは

MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略なのです。

つまりはこの資格を取得することでマイクロソフト・オフィス製品である、WordやExcel、PowerPointなどのスキルを証明することができます。

では、この資格を取得することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

MOSを取得するメリット

就職、転職の際にアピールできる

この点はとても大きいです。
実際に僕もMOS検定のWord、Excel、PowerPointを取得していたので、履歴書に書いてアピールしていました!

自己PRのときに、
「パソコンを使うことが得意です」
と話す人は多いかもしれませんが、口だけでは証明できません

その人は得意だと思っていても、企業側からすればその人がどの程度の実力なのか理解し難いからです。そのため、スキルを証明するためにMOS検定は活躍します。

 

僕が就活を行ってた際は、特に僕からパソコンが得意ということを口していませんでしたが、面接官が履歴書を見て、「パソコンが得意なんだね」と話を振ってくれました。

話のネタにもなりますし、企業側からすれば魅力的なスキルなのでこの資格を持っていることは大きな強みとなるでしょう。

 

作業効率が向上する

他の人が知らないような様々な機能を学ぶことができるので、そのスキルを使いこなすことができれば、パソコンを使った作業を効率化できます。

これは大学生にも活かすことができます。
例えば、レポートの場合であればページ番号がなかなか思った通りに設定できなかったり、アウトラインがごちゃごちゃして見にくい。ということがあると思います。

僕は全然できませんでした(笑)
ですが、そのようなときに必要な機能もMOSを通して学ぶことができるので、とても良い勉強になります!

また、僕の学部はプレゼンをする機会が多く、PowerPointでスライドを作成することが多かったのですが、この資格を取得するまでは10分の発表をするために1時間以上PowerPointと格闘していました、、、

ですが、資格で機能を学べば作業時間を大幅に短縮できました。
作業の効率化にとても良い資格です!

 

世界で通用する国際資格

日本国内だけで認められている資格は多いです。

ですが、MOSはマイクロソフトが公式に発表しており、世界的に行われている資格試験なので、世界中で通用するスキルとなります。
これはとても自信になりますよね。

 

 

どんな職種で活躍できる?

パソコンを扱うほとんどの仕事で活躍できます!

例えば、事務系の職種であれば資料作成ではWordを使いますし、データをまとめたり分析する際にはExcelを毎日のように扱います。

毎日のように扱うスキルなので、身に着けておくことで作業効率が上がります!

他にも営業職であれば、顧客に自分たちの商品を伝える際、PowerPointで分かりやすい資料を作成してプレゼンできれば、より分かりやすく伝えることができます。

このようにMOSは様々な職種で活躍します!

 

おすすめのテキストは?

僕がおすすめするのは、

日経BP出版 MOS攻略問題集です!

テキストではそれぞれの機能の使い方を丁寧に解説してくれます。
そしてとてもありがたいのが、模擬テストを受けることができる点です!

テキストに付属でDVDがあります。
このDVDには、5回分の試験問題があり、動画で問題の解答・解説を行ってくれるので非常に分かりやすいです。

※DVDディスクが入るPCでなければ使用できませんので、自分が勉強に使うPCを事前に確認してくださいね

 

この模擬テストプログラムは、一問ずつステップを踏んで採点結果を確認できる「練習モード」と、本試験と同様の問題形式で出題・採点される「本番モード」の2通りの方法があります。

このほか、毎回異なる組み合わせで問題が出題され、何回でも挑戦できる「実力判定テスト」で学習できます。

 

さらに、以下のような機能があります。

  • 間違った問題だけを再挑戦
  • 章ごとの復習が可能
  • 動画とナレーションによる解答を参照できる
  • 本番モードの自分の点数を採点後いつでも確認できる
  • プログラムにアップデートがある場合は、ワンタッチで更新

 

このように、苦手問題を振り返りながら何回も問題を解けるので、実践に近い感じで勉強できます!

 

効率的な勉強法は?

このテキストを使うのであれば、まずはテキストを1周勉強することです。テキストを通して、まずはそれぞれがどのような機能なのかを実際に試しながら勉強を進めます。

その後、ひたすら付属DVDの問題を解きましょう

 

上記で説明したように

  • 練習モード
  • 本番モード
  • 実力判定テスト

といった機能が搭載されているので、自分の実力にあったモードで実践していきましょう。僕は、はじめに本番モードをやってみたのですが、分からない問題が多すぎて点数もとても悪かったです、、、

そのため、練習モードで1問ずつ確認しながら問題を解いていました。問題を解いていくうちに、問題のパターンが理解できます。DVDに搭載されている問題がすべて解けるようになれば、安心して合格できるでしょう。

僕は解けるまで勉強して試験に挑んだ結果、Word、Excel、PowerPointでほぼ満点の点数で合格しました!この勉強方法はおすすめです!!



合格率は?

合格率は公式には発表されていませんが、

  • スペシャリスト合格率 約80%
  • エキスパート 合格率 約60%

と言われています。他の資格と比較してみると比較的高い合格率となっています。

普段から学校や仕事でパソコンを使っていて、自信のある方はエキスパートから受けてみてもいいかもしれません。

ですが、スペシャリストでも十分なスキルを身に着けることがでるので、スペシャリストから受けるのが安全ですね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

このように、MOS検定を取得することで様々なメリットがあります。MOSを合格するためには、とにかく問題に慣れることが必要です。

問題のパターンが多いので、どの問題が出題されても対応できるように対策しましょう!問題集は以下に掲載しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




コメント

タイトルとURLをコピーしました