スポンサーリンク

インフレ・デフレとは?お金と社会関係の流れ・お金の価値を解説!

インフレ・デフレとは?お金と社会関係の流れ・お金の価値を解説! お金

テレビをつけていると、景気・インフレ・デフレについてのニュースを報道している時間があると思います。

この言葉たちをよく聞いたことはあっても、本当の意味って詳しく教えてもらっていませんよね。

 

今回は、お金の流れや価値を勉強しいていきましょう。

 

お金と社会関係

お金はよく「社会の血液」にたとえられます。

社会とのかかわりなしに生きていくことができない以上、社会の中でのお金の流れにも目を向けざるを得ません。

 

お金は、「家計」「企業」「政府」

の3つのグループを行ったり来たりしています。

 

家計

個人は、働いて得た収入で家計をやりくりします。

 

企業などで労働して給与をもらい、もらった給与で企業からのサービスや商品を買っています。

 

企業

企業は家計からの労働力を使って商品やサービスを提供して利益を得て、家計に給与を支払います。

 

家計から提供される労働力をもとに、商品やサービスを生産・販売して利益を得る。

そして、その利益から給与を支払っています。

 

政府(国・地方公共団体)

政府は、税金を使って公共サービスを家計や企業に提供しています。

 

稼ぐ代わりに家計や企業から税金を集め、企業では難しい社会保障などの公共サービスを提供する。

企業に仕事の発注も行っています。

 

このようなお金の流れによって、社会の活動が支えられているのです。

 

景気によるお金への影響

景気とは、企業の生産活動とモノやサービス、お金の流れの状態のことを指します。

景気には、良くなったり悪くなったりを繰り返す景気の波があります。

 

景気が良くなると

  • 家計→収入増
  • 企業→利益増
  • 政府→税収増

 

景気の過熱を抑えるため、日銀による金融政策や増税が行われる。

 

景気が悪くなると

  • 家計→収入減
  • 企業→利益減
  • 政府→税収減

 

景気を上向かせるために、減税や公共事業の増加、日銀による金融政策がとられる。

税収が減るのに支出が増え、収支が悪化する。

 

お金の価値は変化する

物をいくらなら買うか、いくらなら売るかは、人や企業により異なります。

その中で、多くの人の判断が一致するところに価格は落ち着いていきます。

 

物の量(供給)よりも欲しい人 (需要)
が多いと値段が上がります。

 

物の値段が全体的に上がっていくことをインフレーション(=インフレ)とい
います。

逆に物の量が増えすぎたりすると、売りさばくために値下げが
行われます。

社会全体で値下がりが続くことをデフレーション(=デフレ)といいます。

 

物の価格はいつも同じではないし、物と交換するお金の価値も変化しています。

個人の判断がお金の価値にも影響を与えているのです。

 

インフレ・デフレとは?

インフレ

インフレは、
需要が供給を上回ることで起こります。

需要供給

需要(欲しい人)が多いのに、供給量(商品の量)が追いつかないのが原因。
その場合、価格が高くても売れるので、物価が上昇する。

 

生活への影響

  • 物価が上がる
  • 預貯金の価値が下落
  • 金利が上がる
  • 給与が上がりやすい

 

デフレ

デフレは、
需要が供給を下回ることで起こります。

 

需要供給

需要(欲しい人)が少ないのに、供給量(商品の量)が多すぎるのが原因。
その場合、価格を安くしないと売れないので、物価が下落する。

 

生活への影響

  • 物価が下がる
  • 預貯金の価値が上昇
  • 金利が下がる
  • 給与が上がりにくい



まとめ

上記のように、お金は世の中の変化によって、価値が変化していきます。

お金の機能については、以下のリンクで解説しているので、まだ読んでいない方は是非参考にしてくださいね。

 

【お金とは?】お金との上手な付き合い方・6つの機能を解説!
...

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました