スポンサーリンク

お金の稼ぎ方3種類│産業・学歴・会社規模による賃金の差を比較!

お金の稼ぎ方3種類│産業・学歴・会社規模による賃金の差を比較! お金

 

働き方によって変わるお金のもらい方

お金を稼ぐための仕事にはいろいろな種類がありますが、お金のもらい方では大きく3つに分けられます。

 

  1. 毎月あるいは毎年、決められた月給や年俸でもらう
  2. 働いた時間に応じて時給や日給でもらう
  3. 販売量や仕事の出来高でもらう

 

正社員は月給制が多く、毎月の収入は最も安定しています。

非正規の働き方のうち、アルバイトやパート派遣社員は時給や日給制が多いです。

個人事業主や自由業は、販売した量、仕上げた量で収入が決まります。

個人で店などを経営する、仕事に応じて契約する芸能人、作家、弁護士一など、実力次第で高収入を期待できる反面、収入は不安定です。

 

お金の稼ぎ方3パターン

  • 月給・年俸
    残業などにより変動はありますが、基本給の部分は一定。
    能力や勤務年数によって給料が上がる傾向があります。

 

  • 時給・日給
    働いた時間や日数によって、収入は日払いや月払いとなります。
    働く時間を増やせば増やすほど、お金を稼げます。

 

  • 販売量・出来高
    働いた時間に関わらず、仕事の成果に応じて収入の額も時期も決まります。
    販売量が増えれば増えるほど、給料も増えます。

 

雇用形態ごとの待遇の違い

正社員 契約社員 パート・アルバイト
契約期間 無期 数ヶ月~1年 短期~長期
昇給 毎年少しずつ上がる傾向 自分と会社で交渉 時給が数十円上がる
賞与 年2回支給される傾向 企業による ない企業が多い
退職金 ある(企業による) ない企業が多い ない企業が多い
社会保険 ある ある 労働時間による

 

会社に雇われて働く場合でも、雇用形態によって待遇が異なります。このように比較してみると、やはり正社員の方が圧倒的に待遇が良いことが分かります。

 

会社の正社員として働くメリットについては、こちらのリンクで詳しく説明しています。

実は会社員はメリットが多い!会社員として働くメリット・デメリットを解説!
...

 

 

豆知識として、パートやアルバイトでも5年連続動務すれば正社員の可能性もあります。

正規の社員·職員になりたいけれど、 現在は契約社員などの非正規で勤務しているという人は、 現職で頑張り続けるのも一つの手です。

パートやアルバイト、有期雇用の契約社員、派遣社員が対象の「バートタイム労働動法」や「労働契約法」の改正で、有給休暇、教育訓練、 5年連続勤務で無期労働契約への転換など、 特遇が改善されました。



産業・学歴・会社規模で生じる賃金の差

転職・就職にあたって、やりたい仕事から働く業界を選ぶ人が多いと思いますが、業界や学歴によっては収入に差を及ばし、長く働くほど差は大きくなります

生涯でもらえる賃金は、大企業で定年まで働いた大卒男性で推計3億1990万円 (退
職金は含めず)、中小企業や高卒、女性であったり、転職した場合はもっと少なくなります。

 

 

 

ただしこれは現在の賃金から推計した平均値。
企業では年功序列が滅り、実力主義が増えています。

また、これまで人間が行っていた仕事がロボットや人工知能に代替され、賃金が大幅に減ったり新しい職種が生まれたりする可能性もあります

仕事を選ぶときは現状の収入に加え、労働時間、昇給などの労働条件はもちろん、業界の将来性を考慮すると良いでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました