スポンサーリンク

インターネット銀行とは?メリット・目的に応じた特徴を解説!

インターネット銀行とは?メリット・目的に応じた特徴を解説! お金

インターネット銀行とは?

インターネット銀行では定期預金をつくる、振り込みをするなどという銀行の取引をインターネットで行うことができます。
インターネット銀行は自宅のパコンやスマートホンからいつでも取引できてとても便利です。
しかも金利が高かったり、手数料が安く済んだりと、窓口やATMよりもお得なケースもあります。
利用するには、口座を開いていても、別途、申し込みが必要です。
まだ使っていない人は、まずはふだん使いの銀行で申し込んでみてはいかがでしょうか。
パソコンやスマホは必ずセキュリティソフトを入れておくのを忘れずにやっておきましょう。

インターネットバンキングの種類

都市銀行、地方銀行、信用金庫などの取引サービス

  • 特徴
窓ロやATMと併行してインターネット銀行も利用できる。
状況に応じて使い分けができる。
申し込みが必要。
  • 向いている人
初めてインターネット銀行を利用する人。

インターネット事業銀行

  • 特徴

原則として店舗はなく、 インターネットを使って取引する。
問い合わせなどはコールセンターを使う。
口座を開設して利用する。

 

  • 向いている人
インターネットに慣れている人、利便性を重視する人。

インターネット支店

  • 特徴
インターネット上に開設された銀行の支店で、 実店舗に口座を持っている人も別途口座を解説して利用する。
  • 向いている人
通常より金利の高い定期預金を利用したい人

インターネット銀行のメリット

家計簿アプリと連携できる

家計簿アプリからも残高が確認でき、自動的に家計簿が作成できる。
取引履歴をエクセルにダウンロードすれば、独自の家計簿作成も可能。
家計簿の種類や、続けるコツについては、以下のリンクで解説していますので、良かったらそちらも合わせてご覧ください。
貯金が上手くいく家計簿のつけ方!家計簿を続ける3つのコツを解説
...

 

 

いつでも、 どこでも取引ができる

窓口やATMまで足を運ばなくても、パソコンやスマホから原則24時間365日、 いつでもどこでも取引が可能。

手数料が安い

振込手数料が窓口やATMよりも安い銀行が多い。
足を運ばなくていいので時間も節約できる。

主なインターネット専業銀行

インターネット専業銀行とは、原則、実店舗を設置せず、電話やインターネットを介した取引を行う銀行です。

他の銀行と比べて、家賃や人件費が抑えられる分、手数料や金利面でお得なことが多いです。

 

ジャパンネット銀行

日本初のインターネット専業銀行。
ヤフオク!の取引に優遇があるため、取引を利用している人にはおすすめのインターネットバンキングです。

楽天銀行

楽天スーパーポイントが貯まる。
楽天証券との連携口座に金利優遇あるため、楽天ユーザーは楽天銀行がおすすめですね。

ソニー銀行

外貨預金から引き落とせるデビットカード、低金利で保証料不要の住宅ローンがある。

住信SBIネット銀行

取引状況に応じたランク制度で優遇あり。
預金から投資信託まで幅広く取り扱う銀行です。

じぶん銀行

スマホアプリで銀行取引ができる。
au ユーザーにポイントが貯まるなどの特典。

大和ネクスト銀行

大和証券グループのネット銀行。
普通預金を自動的に大和証券の運用資金に使える。


まとめ

利便性と、手数料の安さがインターネット銀行の大きなメリットです。
ネット銀行を上手に活用して、20代のうちから上手に銀行を活用していきましょう。
ネット銀行以外にも、種類が複数あります。
以下のリンクで、銀行の目的に合わせた種類について解説していますので、良かったらそちらも合わせてご覧ください。
【銀行の種類】何が違うの?目的ごとに銀行を使い分けよう!
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました