スポンサーリンク

HSPに悩む社会人へ。自分のにあった働き方を見つけ出す(本参考)

HSPに悩む社会人へ。自分のにあった働き方を見つけ出す(本参考) キャリア
  • ちょっとしたことで動揺しやすい
  • 感情の起伏が激しい
  • 人と接すると疲れる
  • 他人の気分に左右されやすい
  • 子どものころから敏感・内気

 

このような特徴を持った人を、「HSP」といいます。

これを見たとき、僕は

ほとんど当てはまってる。。。

このように感じました。

 

HSPは刺激や感情にとても敏感で、他の人よりも多くの情報を取り込んで処理しているのです。

 

今回は、自身もHSPだと語る著者の

『ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本』

 

を参考に、こうしたHSPの悩みを楽にする方法を紹介します。


HSPとは

HSPとは

Highly Sensitive Personの略。

  • 敏感すぎる人
  • 繊細すぎる人

 

HSPは、感覚から得た情報を処理する神経が敏感で、ちょっとしたことに敏感に反応してしまったり、疲れてしまったりする特徴があります。

 

国籍や性別にかかわらず、人口の5人に1人はHSPだと考えられいますが、外見からそれと見分けることはできない。

 

HSPは病気なの?
  • 性格ではなく、持って生まれたもの
  • 病気でも障害でもない
  • 治療するものではない

 

HSPの気質

HSPには大きくわけて4つの気質があります。

処理の深さ

HSPは人よりも多くの情報を取り込むため、脳が情報を処理するのに時間がかかります。

 

情報を処理している間、周りからは、手が止まっているように見えてしまうため、

  • 「考えすぎ」
  • 「心配しすぎだよ」

と言われてしまうことがあります。

 

他にも特徴として、

 

HSPの特徴
  1. 手を動かす前に、頭の中で何度もシミュレーション
  2. 頭の中で納得したがる
  3. シミュレーションした結果が納得しなければ、なかなか動き出せない

 

その一方で、この点は強みとも捉えられます。

 

「なぜそうするのか」が明確になり、深く理解できれば、優れた成果をあげることができます。

 

つまり、HSPは先見性や洞察力に優れているのも、処理の深さによるものなのです。

 

神経が高ぶりやすい

HSPは疲れやすさに悩むことが多いのですが、それはこの特徴に起因しています。

 

処理が深いため、脳が疲れやすく、神経が高ぶりやすいのです。

感情の起伏

悪いことがあった
⇒増幅して落ち込んでしまう

良いことがあった
⇒気分が高まって、はしゃいでしまう

 

また、驚いて反応が止まってしまうこともあります。

たとえば、職場で突然、大声で叱られたとする。そんなとき、HSPはショック状態に陥り、思考停止してしまう。言われたことは頭に入ってはいるが、きちんと理解できていない状態だ。家に帰ってからようやく内容を咀嚼し、「言われる覚えのないことで怒鳴られていた」などと気づくこともある。

出典:ささいなことに動揺してしまう敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

 

このようにHSPは、自分の意見をまとめるまでに時間がかかります。

テンポよく反応を返すのは苦手なのです。

 

感情反応が強い

HSPはまわりにいる人の気持ちや考えに強く影響を受けやすく、感情表現が他の人より大げさになることが多いです。

 

なぜならHSPの脳は、そうでない人に比べて、ミラーニューロンが活発だから。

ミラーニューロンとは
ほかの人の行動を、自分のことのように感じて反応する脳の神経細胞。

 

ささいなことに気づく

その場の雰囲気や他の人の機嫌のよしあしなど、小さな変化によく気づく特徴があります。

 

例えば、仕事場の書類の配置や光の強さなどといった、細部が気になってしまうことも。



生きやすくなるための心構え

上記で述べたように、HSPは周りの環境に敏感で、常に緊張状態にあるため疲れてしまいますよね。

 

今回は、それを改善する心構えは2つ紹介します。

ダウンタイムをとる

ダウンタイムとは、1人でゆったり過ごすことです。

 

ダウンタイム
  • まわりの刺激をシャットアウト
  • 外面モードのスイッチを切る
  • ホッとする時間をとる

 

毎日2時間のダウンタイムがとれれば理想的ですが、会社のある日はなかなかむずかしいですよね。

 

難しければ、会社のトイレなどで1人になる時間を1分間とるだけでも良いです。

 

まわりの視線を気にせず、心をゆるめてみましょう。

 

サポートしてもらう

HSPは、まわりの人に助けを求めるのが苦手。

その理由は3つあります。

苦手な理由
  1. 気を使いすぎ
  2. 真面目すぎる
  3. 自分の考えを正しいと思っている

 

1つ目は、

「みんな忙しいから」

と相手を気づかってしまっているから。

 

しかし、HSPにも限界はあります。

迷惑だからと思い込まず、

 

「私はいっぱいいっぱいで、これ以上はできない」

とまわりに伝えるようにしましょう。

 

2つ目は、真面目なあまり

「全部自分でやらなければならない」

 

と思い込んでしまっているから。

また、部分的に誰かに作業を頼むことで、自分がつくった流れが乱れてしまうことを恐れています。

 

3つ目は、自分の思考にハマってしまっているから。

そしてその思考にハマってしまっていることに気づいていないからです。

 

他人の意見に耳を傾けることで、新たに解決することも多いかもしれません。



HSPが快適に働くための2つのポイント

人間関係

誰しも人間関係に悩むことはありますが、HSPにとって人間関係はかなり大きな問題。

 

なぜならHSPは、ちょっとしたことでも敏感に反応してしまう気質をもっているから。

 

たとえば、職場に同僚が入って来るだけで

「あ、誰か入ってきた」

と意識する。隣の人が座る様子も気になる。

 

  • 機嫌が良いか悪いか
  • 疲れてそうなのか
  • 話しかけてきそうか

このように感情移入してしまいます。

 

相手の気持ちを感じ取り、必要以上に気を使って気疲れしてしまうのです。

 

HSPは、人といっしょにいるだけで疲れてしまいます。

そのため、自分に合う働き方を理解する必要があります。

働き方の好み
  • 大きな組織の中で働くのがよいのか
  • 小規模な組織がよいのか
  • 1人での作業がよいのか

 

働き方の好みがあるのは、HSPにかぎったことではありません。

 

仕事の流れや雰囲気も含めて、自分に合う形を模索するようにしたいものです。

 

ペースを理解する

HSPが仕事を選ぶ上で最も気を配らなければならないのは、ペース。

 

HSPは、ささいなことでも対応に時間がかかるため、まわりと同じペースで動くことを苦手とします。

 

また小さな刺激の積み重ねで疲れてしまうため、こまめに刺激から離れてエネルギーをためる時間が必要です。

 

しかし、強みもあります。

HSPは、作業を覚えるのは苦手で時間がかかる一方で、全体を理解できると力を発揮できるようになります。

 

つまり序盤はなかなか成果が出ませんが、「点と点がつながる」ような感覚を味わう「成果期」が必ずやってきます。

すぐに成果が出なくても、、
「自分は他の人とはペースが違うのだ」と知っておきましょう。
そうすれば、少し気持ちに余裕ができるはずです。



まとめ

「自分は他の人とは違う」

という感覚や、「生きづらさ」を感じている人は多いのではなでしょうか。

 

本書は、HSPの中でも、仕事を頑張る社会人に焦点をあててHSPのモヤモヤを解決してくれる内容が記載されています。

 

気になった方は是非読んでみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました