スポンサーリンク

国民の幸福度ランキング3年連続1位のフィンランド!その働き方とは?

キャリア

皆さんは、「フィンランド」という国を知っていますか?

 

出典:meiji

フィンランドは北ヨーロッパに位置しています。フィンランドといえば、女性に人気の「マリメッコ」のような北欧デザイン、ムーミンなどが有名ですよね。

他にも、フィンランドといえば3年連続で国民幸福度1位で、日本よりも圧倒的に人口の少ない国ですが、一人あたりのGDPは日本よりも高い結果になっています。それにもかかわらず、ほぼみんな午後4時に退勤しているというのです。

全員が定時退社なんて日本ではなかなか考えられない話ですよね・・・
ではなぜ、フィンランドはこのような働き方ができて幸福度が高い国となっているのでしょうか。

下記の本を参考に、日本の状況と比較しながら解説していきます。


フィンランドの特徴

自分らしく生きていける

著者がフィンランドに関わるなかで感じたことは、選択の自由度が高い国だということです。フィンランドは選択肢が多いというよりも、選択を限定する要素が少ない。

人生の転機で大切な選択をしなければならないとき、年齢、性別、家庭の経済状況などは、フィンランドでは大きな制約にはなりません。

たとえば、文系と理系の学位を両方取ってもよいし、仕事とプライベートを同じだけ大切にしてもよい。これを可能にするのは、フィンランドの教育の質の高さと、それを支える諸制度であるからです。自分にとって最良の人生に近づくための選択の機会を平等に持てるのがフィンランドなのです。

バランスのとれた生活

フィンランドに実際に訪れると、あくせくした感じがなく、人々がゆとりのある生活ををしているそうです。

もちろん、フィンランド人も仕事、勉強、家事などやるべきことは多くあります。ですが、それらのバランスがとれているため、人間らしい生活ができています。

 

  • 仕事のために休みや睡眠時間を犠牲にしない
  • 与えられた有給休暇はしっかりと消化
  • 子どもたちは夏休みの宿題なし

 

どれも日本からしてみれば考えられませんよね(笑)
残業時間が世界的にみても上位に位置している日本では、「残業で終電ギリギリ」「睡眠時間がほぼない」という働き方をしている人が、まだ数多くいます。

有給休暇についても、有給休暇を取ったら他の社員から白い目で見られるという風潮もまだ残っているのではないでしょうか。

このような生活を送っているフィンランド人は、日本とは大きく違う考え方を持っていました。



フィンランド人の考え方

残業しないのは、できる人の証拠

日本から見て、フィンランドの仕事文化で一番いいところは、「ワークライフバランス」がとれているところです。フィンランド人は残業をほとんどせず、就業時間内にしっかりと働き、それと同じぐらい休みも大切にします。

フィンランドでは、多くの人が8時から16時まで働きます。定時になれば帰り始め、16時半になると、オフィスにはほとんど人がいないそうです。休むことも社会人の権利という認識が、国レベルできっちり共有されています。

そのため、1日8時間、週40時間以内の勤務時間が守られているのだ。これは業界や企業規模を問わずあてはまります。

日本であれば、まだ一部の人がまだ仕事をしている先輩や上司がいたら定時で退勤するのを後ろめたく感じる雰囲気がありますが、フィンランド人にその考え方はありません。

フィンランド人は、「人は人、自分は自分。規定の時間数を働いたら帰るのは当然」と考えているからです。著者の友人によると、「大変な仕事を簡単そうに、効率よくこなしてサーッと帰る人ができる人」だという認識があるそうです。

日本では、仕事ができる人に仕事が集まり、最終的に仕事量が多くなり残業をするというケースも多くみられるのではないでしょうか。自分の与えられた仕事を終えたら帰れるなんて素敵ですね。



休憩のとり方

現代の仕事では、世界的に長時間同じ姿勢でパソコンに向かっていることが多いです。そのためフィンランドでも、効果的な休憩時間のとり方が重要視されています。

その1つが「タウコユンパ(エクササイズ休憩)」です。企業や大学などの広いスペースに、毎日決まった時間に人が集まり、簡単なエクササイズをします。たった5分でも体を動かすと、いい気分転換になるからです。これは実際に座りっぱなしでいるよりも生産性が向上するなど、良い効果が証明されています。

日本でもバランスボールに座りながら・立ちながらデスクワークが可能となっている会社も少なからずありますが、エクササイズをするのはなかなか聞きませんよね。休憩時間の使い方にも大きな違いがありました。

そのほか、「カハヴィタウコ(コーヒー休憩)」という文化が根付いてます。この休憩は法律で定められており、勤務時間に毎日10~15分のコーヒー休憩が含まれています。コーヒー休憩のタイミングを決めて、同僚とのコミュニケーションを促している職場も。

休憩中はみんなリラックスしているので、気軽に仕事の相談やプライベートの話をしやすく、お互いの理解が深まるうえに、そこから新たなアイデアが生まれることも多いそうです。

実力主義

フィンランドの仕事文化で魅力的なものとして、「職場での平等でオープンな関係性」を挙げるフィンランド人は多いです。フィンランドの評価ポイントは、本人が何をしたか、どれくらいスキルや知識を発揮したのかが、その人の価値評価につながってきます。部下から見て改善点があれば、上司にフィードバックや批判を伝えることも普通の光景となっています。

また、組織内での上下関係は勤務年数や年齢、性別に左右されません。フィンランドでは転職も多いため、勤務年数の長さはあまり重要ではないのです。年功序列もなく実力や成果で評価される。そのため、20代の上司と50代の部下という場合も珍しくありません。

ここの働き方は大きな違いですよね。
日本は年功序列なので、年齢が高くなると役職が上がっていくという制度となっているので、一つの会社に居座る人が増えてきます。そのため、大した実力がないおじさんに対し、能力が高い仕事のできる若者がいたとしても、おじさんの方が役職は上となるのです。



まとめ

いかがでしょうか。
世界ではこのような働き方をしている国があるのですね。

日本は世界的にみても労働時間が圧倒的に多い国です。そのため、フィンランドとはある意味大局的な働き方、考え方をしている国ということが分かりました。

もっとフィンランドの働き方を知りたいと思った方は、以下に本のリンクを貼っておくので、是非読んでみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました 。

コメント

タイトルとURLをコピーしました