スポンサーリンク

難易度低め!始めやすい副業【10選】働きながらできる人気のビジネス

難易度低め!始めやすい副業【10選】働きながらできる人気のビジネス 副業

働き方改革で副業しやすくなる

かつて会社員は長く勤め、年齢が上がるほど給料が増えました。
今もその名残はありますが、以前ほどの昇給は望めません。また、社会保険料が年々上がり、手取りが減っています。

 

そんな時代だからこそ、働き方も多様化し、もう一つの収入源を求めて副業をする人が増えています。

副業や兼業を認める企業はまだ少数派ですが、厚生労働省が平成30年に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成したことで、今後は増えていきそうです。

離職せずに別の仕事に就ける、収入が増える、起業の準備ができるなどがメリットです。

本業と利害関係がない、もしくは本業に相乗効果を生み出す副業だと動務先に歓迎される可能性もあります。

 

副業を始めるときは、副業が禁止されていないか勤務先の就業規則を確認しましょう。

いずれ本業にするつもりで頑張るという考え方もありますが、当初は本業に差し支えないよう時間の管理が大事です。

成功の秘訣は得意なことを生かすことです。

 

始めやすい副業10選

こちらの10選は、ファイナンシャルプランナーの坂本綾子さん著書、子どもの経済教研究室代表である泉美智子さん監修の「お金の超基本」を参考にしています。

☆が多いほど、難易度が高くなっています。

 

フリマアプリ・ネットオークション

難易度1.0

いらなくなったものを売れば、 持ち物の整理と小遣い稼ぎが同時にできます売れ残らないためには、 値段設定や写真の撮り方にコツが必要です。

ですが、無料で始めることができるので初心者でも簡単に取り組むことができます。

 

ユーチューバー

難易度4.0

YouTube にチャンネルを開設して動画を投稿。
動画が再生されると、動画に広告を出す企業から広告料が得られる仕組みとなっています。

再生回数に応じて報酬が増えますが、人気が高く競争は激しいです。
さらに機材などを出費、動画編集スキルを身に着ける必要があるため本格的に収益を得るためには勉強時間と費用が必要です。

 

Youtubeよりも競争率が少ない、始めやすい動画の副業についてはいか以下のリンクで解説しているので、良かったらそちらも合わせてご覧ください。

Youtube以外で動画で稼ぐ!?動画アフィリエイト、副業に興味がある方必見!
...

 

家事代行

難易度1.0

日常の掃除や料理を代わりに行う。家事代行サービスを行っている業者に登録する。
給与は時給制となっています。

それほど必要なスキルがいらないため誰でも始めやすい副業です。

 

Webデザイナー ・ライター

難易度2.0

インターネットサイトのデザインや文章を作成する仕事。
クラウドソーシングのサービスに登録して専門性などをアピールするのが一般的となっています。

 

家庭教師

難易度2.0

学生時代にアルバイトで経験したことがある方も多いかもしれません。

家庭教師派遣会社に登録し、面接や採用試験があるので、 ある程度の勉強は必要となります。報酬は時給制

 

ハンドメイドの販売

難易度3.0

ビーズアクセサリーなど趣味でつくった自信作をハンドメイド作品の通販サイトなどで売ることで収益を得る。
手先が器用であったり、縫物やモノづくりが趣味の方にとっては、趣味で稼ぐことができます。

注文があったときの発送、返品・交換に関する規則などをしっかり決めておきたい副業です。

 

モニター

難易度1.0

アンケートへの回答、座談会への参加、サービスを受けて簡単なレポートを書くなどして報酬を得る。とても簡単です。

数千円の謝礼をもらえるのが一般的です。
最近はアンケート会社やリサーチ会社に登録し、 回答するとポイントでもらえるものもあります。

 

おすすめのポイントサイトについては、以下のリンクで解説しています。

【超簡単な副業】おすすめポイントサイトを種類別に徹底比較!
...

 

アフィリエイト

難易度2.0

自分のブログやサイトで広告主の商品やサービスを紹介し、読んだ人がそれをクリックして商品を購入すると報酬をもらえる仕組み。

文章を作成することが好きな人におすすめです。
収益を得るためには、アフェリエイト広告を出す会社への登録が必要です。

 

翻訳

難易度4.0

語学に堪能だったらそれはとても立派なスキルです。

翻訳会社のトライアルを受けて合格後、登録ができます。
外国語だけでなく、高い日本語力も求められます。

 

投資家

難易度5.0

短期で株を売買するデイトレードより、長期投資がおすすめ。 企業の業績の確認は必須です。

先物取引やFXなど短期でレバレッジをかける投資はリターンが大きい分、 副収入どころか大きな損失が出ることもあります。

※レバレッジとは、手持ちのお金が少なくても、2倍以上など(上限あり)の大きな全額で取り引きできる仕組みです。

 

まとめ

以上、始めやすい副業を厳選しました。

最近では、フリーランス・個人事業主として働かなくても、会社員として働きながらの副業が認められてきました。

 

フリーランス・会社のメリット・デメリットについては、以下のリンクで解説しているので参考にしてみてください。

 

実は会社員はメリットが多い!会社員として働くメリット・デメリットを解説!
...

 

フリーランスは危険?フリーランスのメリット・デメリットを解説!
...

 

 

この流れに乗って、20代から副業を始めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました