スポンサーリンク

【人間関係】自分の思い・意見を上手に伝えるコミュニケーションのコツ

【人間関係】自分の思い・意見を上手に伝えるコミュニケーションのコツ 書評

「ちゃんと伝えたはずだったのに」「この相手には話が通じそうにない」など、コミュニケーションの難しさを経験したことはありませんか?おそらく、ほとんどの方がこの難しさを感じたことがあると思います。私もそうです。

人間関係は難しいものです、悩みの9割は人間関係にあると言われているほど。ですが、この書で紹介されるメソッドを習得すれば、周囲が自然と自分の味方になるだけでなく、相手の人生を変えるほどの影響を与えることが期待できます。

私たち人間は、すべて感情によって動いています。なのでコミュニケーションによって相手を動かすには、多くの人が「満たしたいと思っている感情」を満たすことが必要です。

その感情とは、「安心感」と「自己重要感」の2つです。「安心感」とは、誰かとつながっていたり、関わっていたりするときに得られる感情のこと。「自己重要感」は、自分は価値がある存在なのだという実感です。

相手の「安心感」と「自己重要感」を満たすことができれば、あなたのもとには自然と人が集まってくることでしょう。

では、相手に自分の思いを上手に伝えるためにはどのようなコツが必要なのでしょうか。

 

 「人間関係の悩みが消える」伝え方

絶対に否定をしない

まず、相手の「安心感」を満たす方法を紹介します。

もし意見を真っ向から否定されたり、自分の存在自体まで否定するような発言が返ってきたりしたら、どう思いますか?傷つくだろうし、それ以降も傷つくことを避けるようになるのではないでしょうか。自分を否定する相手とコミュニケーションを取らなくなるのは当然のことです。

だから、「絶対に否定をしない」と決めることが、相手に安心感を与える第一歩となります。相手に「相談やアドバイスを求めても、否定されることはない」と思ってもらうこと。これができれば、相手は自分とコミュニケーションを取ってくれるようになります。そうすれば、あなたは人や情報が集まってくる人になれることでしょう。

否定をしないといっても、相手の意見をすべて受け入れるわけではありません。自分の意見は持ちながらも、相手の意見や考え方を受け止めてあげるということです。

最後まで話を聞く

絶対に否定をしないこととセットで、最後まで話を聞くことを徹底すると、相手にさらに大きな安心感を与えることができます。特に「アドバイスをして、その通りに相手に動いてもらいたい」場合には、これが重要となります。

人は、自分の考えていることをすべて吐き出さないと、新しい考えを納得して受け入れることができないのです。最後まで話を聞いてもらうことで、アドバイスを受け入れる準備ができます。

相手がすべて話し終わったかどうかを確かめるには、「他にもっと話しておきたいことはありませんか?」と聞いてみましょう。この質問だけで、相手の話を聞いているという姿勢を伝えることができます。

理由を聞く

相手を否定しないといっても、一般常識的には間違っていることや「ありえない!」と思うようなことを言われたら、どうすればいいのでしょうか。理由も聞かずに否定をしたり、怒ってしまったりすることもあるかもしれません。



そんな時に重要なのは、なぜ相手がそうしたのかといった理由」や「背景」を理解しようとすることです。あなたにとっては「ありえない」と感じる発言や行動であっても、そこにはその人なりの理由があるものです。

だから、絶対に否定をしてはいけません。その上で、「どちらがいいか?」「どうすればよかったか?」という質問の形で、相手に自ら「自分の今回の行動は改めたほうがいい」という結論に至ってもらうようにする。

こうした会話は、時間がかかりますし、いくつもの言葉を交わす必要があります。ですが、このちょっとした手間を惜しまないだけで、相手は安心感を得ることができるのです。そして、あなたの思い通りに動いてくれるようになるでしょう。

表情と姿勢に留意する

相手に安心感を与えるには、「笑顔」の効果も絶大です。私たち人間の感情は、視覚からの情報に最も大きく左右されます。相手にどんな表情を向けるかで、印象が大きく変わります。

ただし、上司やお客様と話している時だけ笑顔にならないように気をつけなければなりません。「人によって態度を変える人」という印象を与えると、誰もついてこなくなってしまいます。

笑顔と同時に、話を聞く時の姿勢にも気をつけたいところです。スマホをいじりながら話を聞かれたら、多くの人は嫌な気分になりませんか?そこまであからさまでなくても、腕や足を組むのも避けたほうがいいですね。

逆に、姿勢によって相手に絶対的な安心感を与えられる、とっておきの裏技もあります。



それは、あなたが足や腕を組んでいる状態で話しかけられたら、相手にわかるように足や腕をほどいて「どうしたの?」と答えることです。態度の変化を示すことで、相手は安心し、あなたを頼るようになるでしょう。

「誰からも好かれる」伝え方

名前を呼ぶ

次に、相手に「自己重要感」を持ってもらう方法を紹介します。コミュニケーションによって自己重要感を持った相手は、またあなたと話したいと思ってくれるし、あなたの話にも自然と耳を傾けてくれるようになります。

まず徹底したいのは、相手の名前を呼ぶことです。どんなに親しい間柄であっても、会話の中で相手の名前を省略しないようにしましょう。相手の名前を呼べば呼ぶほど、相手は「自分は重要な存在なんだ」と認識してくれるようになります。これは対面だけでなく、メールやSNS、LINEなどでのやり取りでも同様となります。

最後に褒める

相手にアドバイスをしたり、指示を与えたり、ミスを指摘したりするような場面ではどうするべきか。よく言われるように、頭ごなしに命令するのではなく、まず褒めることが望ましいです。それは、褒められた人は耳を傾ける態勢になってくれるからです。

では、褒めたあとは好き勝手に言いたい放題でいいのか。もちろんそうではありません。

アドバイスをする際に有効なのは、「褒める」→「アドバイス」→「褒める」という黄金リレーです。なぜ最後に再び褒めるのがいいかというと、人には「出来事の“最後の”印象に左右される」というメカニズムがあるからです。最後にもう一度褒めて、相手の自己重要感を満たしてあげる。そうすれば、次の行動にも前向きに取り組んでくれることでしょう。

目を見てうなずく

あなたは今、カフェで友達や恋人と向かい合って座っているとします。話題があなた自身の近況に及んだ時、相手がスマホをいじり始めたら、どう感じますか?イラッとしたり、寂しい、悲しいなどといった感情になり、自己重要感が失われてしまうのではないでしょうか。

「あなたのことを大切にしている」という気持ちを伝えるには、なによりもまず、相手が話している時に「目を見て“うなずきながら”話を聞く」ようにすることです。ただ目を見て聞くだけではダメで、うなずきながら聞くこと。うなずくことで相手は「自分は“話を聞いてもらえる存在”なんだ」と感じ、自己重要感が確実に満たされます。

一方、あなたが話す時も、しっかりと相手の目を見ることが必要です。話す時に相手の目を見ないだけで、相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

相手を思い通りに動かす

相手に気づかせつつ、答えを教えすぎない

もし「優れたリーダーになりたい」「多くの人を味方にしたい」と考えているのであれば、必ずマスターすべきポイントは「相手に気づかせる技術」です。これができれば、周りの人が自ら考えて動くようになり、あなたの負担は驚くほど軽くなるでしょう。

もし、周囲が自主的に動いてくれないなら、相手に答えを教えすぎている可能性があります。その理由は、答えを教えてもらえる状態だと、相手は「自分で考えて動く」習慣を身につけることができないからです。だから相手に気づかせつつ、かつ答えを教えすぎないようにしつつ、アドバイスや指示をする必要があります。

期限は相手に設定させる

人は、期限が定められているから動くものです。ですが、あなたが人に何かを依頼したり、指示を出したりする時には、単純に期限を決めればいいわけではありません。なぜなら、あなたが期限を設定することによって、時に相手に不満を抱かせ、行動する意欲を失わせることがあるからです。

たとえば、あなたがそろそろ帰ろうかと思っている時に、上司から「悪いけど、この資料を明日までにまとめておいてくれる?」と言われたら、どう思いますか?期限に間に合うよう、仕方なく資料の整理をしようとするでしょう。ですが、期限に納得しているわけではなく、いやいや作業をしているだけではないでしょうか。

そうなると、たとえ期限内に仕事を完了できたとしても、達成感は得られないし、自己重要感も満たされません。上司への不満でいっぱいになるはずです。

だから、期限は相手に自分で決めさせるのがよいのです。自分で決めたものであれば、前向きに取り組めます。そして、自ら決めることで、「やらされ感」を持たなくてすむようになります。

相手に自ら期限を決めてもらうには、「どれくらいでできそう?」と聞いてみましょう。もし想定より長い期間がかかると言われたら、「来週の月曜日の会議で使うんだけど、どれくらいでできそうかな?」などと、明確な理由を添えて尋ねましょう。人は、理由を添えられると相手の要望を受け入れやすくなるものからです。

相手の人柄・存在を褒め、命令しない

人の心を動かすことは、相手の人生を変えるほどの力があります。ここでは、人の心を動かすためのポイントを紹介します。

まずは、相手の「人柄・存在」を褒めることです。行動を褒めるのも悪くはありませんが、「言葉のセンスが素敵ですね」「いつもおしゃれですね」などといったように、相手の存在自体に結びつけて褒めるほうがよいです。

また、命令しないことも重要です。人生を変えるのに必要なのは、他人の力ではなく、自分自身の意志です。だから人を変えるためには、相手に「自分1人の時でも動く意欲」を起こさせなければなりません。

では人は、どんなときに動く意欲を持つのでしょうか。それは、自分で気づいた時です。人を変えたいのなら、命令によって相手を強制するのではなく、その人自らが動けるようにしましょう。



まとめ


こちらの本には、上記のような相手の心を動かすコミュニケーションのコツが満載です。今回紹介しているものは、どれも比較的難しくありません。あなたの意識次第で習慣づけることができると思います。

特に20代の方は、社会人としてまだ駆け出したばかりで人間関係にも悩むことがあるかもしれません。その際に、このようなコミュニケーションのコツを心において自分の思いをしっかり伝えましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました