スポンサーリンク

【銀行の種類】何が違うの?目的ごとに銀行を使い分けよう!

銀行って何のためにあるの?銀行を活用してできる3つのことを解説 お金

目的別に銀行を使い分けよう

会社員なら給料が振り込まれる銀行(個人事業者なら仕事の報置が振り込まれる銀行)と、公共料金やクレジットカード代金など毎月の引き落としをする銀行は同じにすると便利
です。
銀行間でお金を動かすにはATMを使って現金で出入金するか、振り込みをすることになります。
いずれも、手間がかかるうえ、手数料がかかる可能性もあるからです。
お金を貯めるには、「ふだん使い」する銀行とは別に、
「貯めて増やす」銀行を持って活用するのがおすすめ。
銀行にはいくつかの種類がありそれぞれ特徴があります。
自分に合った銀行を便利に使い、効率的に貯めましょう。

銀行の種類

銀行の主な商品・サービスについては以下のリンクで解説しているので、そちらも合わせてご覧ください。

 

銀行って何のためにあるの?銀行を活用してできる3つのことを解説
...

 

都市銀行

  • 特徴
    都市部を中心に、全国に支店がある。
    幅広い銀行サービスを提供。
  • 向いている人・利用法
    都市部に住む会社員。
    給与振込銀行に。
  • 取扱商品
    預金、ローン、投資信託、保険、公共料金の引き落としなど。

地方銀行

  • 特徴
    県庁所在地などに本店、周辺に支店がある地域密着型。
  • 向いている人・利用法
    地方都市に住む会社員。個人事業主。給与振込銀行に。
  • 取扱商品
    預金、ローン、投資信託、保険、公共料金の引き落としなど。

ゆうちょ銀行

  • 特徴
    全国展開。
    郵便局もゆうちょ銀行の窓口として利用できる。
  • 向いている人・利用法
    会社員、個人事業主、主婦など立場にかかわらず便利に使える。
  • 取扱商品
    貯金を中心に、個人向け国債、投資信託など。

ネット銀行

  • 特徴
    原則として店舗はなくインターネットで取引をする。
    通帳は発行されない。手数料が安い。
  • 向いている人・利用法
    PCやスマホを使ったネット利用に抵抗のない人。
    住まいの場所を問わない。時間にとらわれない。
  • 取扱商品
    金利の高いネット定期、外貨預金、投資信託、住宅ローンなど。

 

ネット銀行のメリット・目的にあわした特徴などは以下のリンクで解説しています。

 

インターネット銀行とは?メリット・目的に応じた特徴を解説!
...

 

流通系の銀行

  • 特徴
    大手のスーパーやコンビニなどが参入。
    グループの施設などに店舗を設置、またはATMを設置するなどして展開。
    独自の電子マネーが使える。
  • 向いている人・利用法
    プリペイド式電子マネーでポイントを貯めることも可能なので、店舗やコンビニなどをよく利用する人。

 

  • 取扱商品
    預金のほか、銀行により、投資信託、住宅ローン、海外送金など。

信用金庫・信用組合

  • 特徴
    厳密には銀行ではないが、銀行と同様に利用できる。
    営業区域内に住む人が対象。
  • 向いている人・利用法
    中小企業の会社員、個人事業主。
    相談にのってもらえる。
  • 取扱商品
    預金、ローンなど。
    景品付きや金利上乗せの預金を扱うところもある。

信託銀行

  • 特徴
    通常の銀行業務に加えて、信託業務(本人に代わって財産をを管理運用)も行う。
  • 向いている人・利用法
    お金や不動産などの財産をたくさん持っている人。
  • 取扱商品
    預金やローンのほか、金銭信託、遺言信託、不動産の信託など。

銀行を選ぶ5つのポイント

利便性

  • 店舗やATMが自宅や勤務先の近くにあるか
  • インターネット取引ができるか

 

取扱商品

  • 自分が利用したい商品やサービスが揃っているか

 

手数料

  • ATM手数料、振込手数料はいくらか
  • 手数料が割引や無料になる会員サービスや制度はあるか



まとめ

利用方法や生活環境などで、有利に使いこなせる銀行は異なります。
20代のうちに、銀行についての知識を軽く身に着けておいて、損をしない自分の目的に合わせた銀行を選びましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました