スポンサーリンク

銀行って何のためにあるの?銀行を活用してできる3つのことを解説

銀行って何のためにあるの?銀行を活用してできる3つのことを解説 お金

 

銀行は何のためにあるのか

銀行は生活に欠かせない金融機関です。
給料や仕事の報酬は銀行口座に振り込まれます。
公共料金やクレジットカードの代金は、口座から支払います。
銀行があるから、お金をスムーズに動かせるわけです。
口座に振り込まれた収入の一部を定期預金などにして貯めておいたり、お金を借りたりもできます。
さらに、窓口以外でもATMやインターネットを使って取引ができるなど、銀行のサービスの提供方法は、時代とともに進化しています。
取り扱う商品も、預金だけでなく、資産運用に使える投資信託や、万一に備える保険まで、幅広い品揃えになってきています。

銀行を活用してできること

お金を貯める・増やす

定期預金などを使ってお金を貯める。
預金には利息がついてお金が増える。

お金を動かす

銀行口座で給料を受け取り、クレジットカード代金などを銀行口座から引き落としてもらって支払う。

お金を借りる

住宅など大きな買い物をしたいときにお金を借りる。
きちんと返せるかどうかを審査される。

銀行の主な商品・サービス

  • 預金
    普通預金、定期預金、貯蓄預金、積立定期預金など。

 

  • 振り込み(送金)
    銀行間はネットワークで結ばれているので、他の銀行や他の人の口座に振り込みができる。

 

  • 自動支払い(ロ座振替)
    一度手続きすれば、 公共料金などを毎月自動的に支払える。
  • 自動受け取り
    一度手続きすれば、給与や年金などを毎月自動的に受け取れる。
  • Pay-easy (ペイジー)
    請求書や納付書の番号を入力して、 パソコンやATMから公共料金や税金などの支払いができる。
  • ATM・CDで現金引き出し
    ATMでは、現金預け入れ、 振り込み、通帳記帳などもできる。●デビットカード
    預金口座から買い物代金を即時引き落とせるカード。
  • 外貨両替
    円を外貨に両替。 交換レートは銀行により、 日々、 異なる。

 

  • 借り入れ(ローン)
    住宅ローン、教育ローン、 マイカーローン、 カードローンなど。
  • インターネットバンキング
    インターネットで口座残高の照会や振り込みなどができる。
  • 会員サービス
    取引状況に応じたポイント付加、 手数料無料などの特典がある。
  • 貸金庫
    重要書類などを保管しておける。
  • そのほか
    保険の加入、投資信託の売買、個人向け国債の購入などもできる。



まとめ

銀行との付き合いなしには、生活が成り立たないほど、銀行の商品・サービスは社会に浸透しています。
銀行の機能を知り、最大限活用しましょう。
銀行の種類については、以下のリンクで解説しているので、良かったらそちらも合わせてご覧ください。
【銀行の種類】何が違うの?目的ごとに銀行を使い分けよう!
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました