スポンサーリンク

【20代】人生100年時代を生き抜くために必要なスキルは?

【20代】人生100年時代を生き抜くために必要なスキルは? キャリア

これからを生きる私たちは、長寿化の進行により、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすこととなります。20代の方であれば70年~80年、今までの約4倍の人生を生きることになります。

新しい人生の節目と転機が出現し、教育→仕事→引退」という人生から、「マルチステージ」の人生へと様変わりするといわれています。それに伴い、引退後の資金問題にとどまらず、スキル、健康、人間関係といった「見えない資産」をどう育んでいくかという問題に直面する恐れがあります。

ロールモデルもほとんど存在しない中で、新しい生き方の実験が活発になることは間違いないでしょう。また、生涯を通じて「変身」を続ける覚悟が問われるともいえます。

今後どんな時代が訪れ、どんな生き方を模索すればいいのか。その際、どのような形、無形の資産が重要性を増すのか、どんな人間関係を築いていけばいいのか。企業や政府が取り組むべき課題は何なのでしょうか。

 

100年時代をどう生きるか

考えておくべきことは?

どうすれば個人や家族、企業、社会全体が長寿化の恩恵に最大限浴せられるのでしょうか。

現在、長寿化が進んでいる国では、高齢者医療や年金の問題ばかりが取り沙汰されています。しかし、今後は健康的に、若々しく生きる年数が長くなるため、「老い」自体の概念が大きく変わると予想されます。
すると、引退後の生活だけでなく、人生全体を設計し直さなければなりません。

 

これまで多くの人々は「教育→仕事→引退」という3ステージの人生を歩んできました。しかし、寿命が延びれば、70代、さらには80代まで働くことが当たり前となっていくでしょう。
また、仕事のステージの長期化に伴い、ステージの移行を数多く経験する「マルチステージ」の人生に突入することが考えられます。

 

そこで必要となるのは、画一的な生き方にとらわれず、生涯「変身」を続ける覚悟です。キャリアの選択肢だけでなく、パートナーシップのあり方も問い直されます。
夫婦が二人とも職を持つ家庭が増えると同時に、いずれかがステージを移行する際に、互いの役割を柔軟に調整し、サポートし合うことが求められます。
すると、必然的に家族のあり方は多様化していくでしょう。

多くの移行を経験することになる時代では、「何を大切に生き、何を人生の土台にしたいのか」という問いに向き合わざるを得ない。自分のアイデンティティを主体的に築きながら、人生をどのように計画するかが問題です。

20代のうちから、将来を見据えてこのような問題を考えていきたいところです。

 

機械化・AI後の雇用の未来

時代が流れるにつれて、新しいテクノロジーが労働市場を激変させていくことは明らかです。

産業の新陳代謝が起こり、新しい職種が既存の職種を代替する。また、ロボットやAIに、高スキル労働者が代替される一方で、新しい雇用が生まれ、経済成長を牽引するという明るい見方もります。

こうした変化の中で重要なのは、人々が精力的かつ創造的に生きるための新しい人生のシナリオを考えていくことです。

20代は新卒の人が新たに社会人となる時期や、転職活動をする時期でもあります。
奪われる仕事、新たに産まれるかもしれない仕事があるなかで、長い人生を考えてしっかりと考えて仕事選びをしましょう。

 

 

 

身に着けておくべきこと

ここからは、お金に換算できない「無形の資産」に光を当てていきます。家族や友人関係、知識、健康といった無形の資産は、それ自体が有意義な人生に不可欠であるだけでなく、有形の金銭的資産の形成を助けてくれます。

100年ライフを過ごすうえでは、両方の資産のバランスをとり、相乗効果をねらう必要があります。長寿化の観点から重要とされる「見えない資産」は、生産性資産、活力資産、変身資産の3つに分類できます。

 

生産性資産

生産性資産とは、生産性や所得、キャリアの見通しを向上させるのに役立つ資産を指します。わかりやすい例は、長年かけて培ってきたスキルや知識です。ただし、20代のキャリアの初期に身につけた専門技能を頼りに、長い勤労人生を生き抜くことは難しいです。そのため、生涯を通じて、複数の新しいスキルと専門技能を獲得し続けることが重要となります。

身につけておきたいスキルや知識は、情熱を注げることを前提としつつも、経済的な価値を生み出せて、しかも希少性があり模倣困難なものです。具体的には、「イノベーションを生む力、創造性」、「意思決定やチームのモチベーション向上といった、人間ならではのスキルと共感能力」、そして「思考の柔軟性や敏捷性といった、汎用スキル」を育むことです。

また、仲間の存在も生産性資産の一端を担います。高い信頼性を持つ職業上のネットワークは、互いの成長やイノベーションの促進に大いに役立つことでしょう。また、時としてコーチや支援者となってくれたり、必要な人脈を紹介したりしてくます。

評判も生産性向上に寄与してくれるでしょう。良い評判を得ていれば、高い能力があるのではないかと期待されやすく、守備範囲を広げやすいです。ただ、評判の獲得には時間を費やさなければならない一方で、自ら評判を完全にコントロールすることは不可能に近いです。今後は、ソーシャルメディアにより評判を左右する情報がますます拡散されやすくなるため、幅広い範囲で自分の評判を管理することが求められますね。

 

活力資産

活力資産とは、人に幸福感をもたらし、やる気をかき立てる資産を指します。具体的には、肉体的・精神的健康や、友人や家族との良好な関係などを指します。

まず、健康は長寿化時代において価値を増す一方です。とりわけ、健康な脳を保つことは大きな意味を持ちます。最近の研究によると、加齢により脳の機能が衰えるのを避けられないという常識が変わりつつあり、脳をくり返し使用すれば、機能を高めたりダメージからの回復を促したりすることもできるという研究結果もあります。

また、ストレスを引き起こす要因をうまく管理することも大事です。中でも、職場と家庭のバランスをとり、両者での前向きな感情が伝播し合う効果は見逃せません。

そのほか、活力資産の形成に役立つのは、長い年月をかけて築かれ、深く結びついた親しい友人たちとの関係です。友情を長続きさせ、深めている人は、高齢になってもエネルギッシュで前向きな傾向が見られます。

 

変身資産

変身資産とは、人生の途中で変化と新しいステージへの移行を成功させる意思と能力のことです。移行につきものの不確実性への対処能力を促す要素ともいえます。具体的には、次の3つの要素です。

 

1つ目は、「自分について良く知っていること」です。就職活動を経験した方は、自己分析をしたことを思い出してください。自分の過去、現在、未来について内省し続けることで、変化を経験しながらもアイデンティティと自分らしさを保ちやすくなします。

2つ目は、「多様性に富んだ人的ネットワークを持っていること」です。昔からのネットワークは同質性が高いため、変化を促すよりも、同質であることを後押しする傾向が強いです。そのため、新しい視点を得て、変身を遂げていくには、大規模で多様性に富んだネットワークに接することが欠かせません。

そして3つ目は、「新しい経験に対して開かれた姿勢を持っていること」です。変身の過程で既存の行動パターンが脅かされるときに、新しいやり方を実験し、受容する姿勢を持ちましょう。すると、新しい生き方を探索し、適応することができるようになります。

このように、3つの「見えない資産」に投資を続け、自らを再創造することが、充実した100年ライフを送るためのカギとなることでしょう。



まとめ





これからの時代は、過去を生きてきた人とは生活モデル・環境が大きく変わっていきます。これからの時代に備えて、20代のうちから上記のスキルや考え方を身に着ける努力をして、長い100年人生を楽しく生き抜きましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました